モテ

モテるために必要な筋トレ

オナ禁をする上で欠かせないのは筋トレ。
男がモテるために、筋トレをする人は多いだろう。

筋トレはオナ禁との相性が良い。
オナ禁と筋トレ。
この2つを組み合わせれば、男としてのかっこよさが上がる。
その結果、自己肯定感が上がり、女の子からもモテるようになるだろう。

本記事では、筋トレのメリットや方法について説明する。

筋トレのメリット

オナ禁を継続しやすくなる

筋トレをすると、オナ禁を継続しやすくなる。

オナ禁を継続する上で、重要なのはポルノ中毒の改善である。
ポルノ中毒を治すには、ポルノ以外の快楽を得ることが有効である。

そこで、筋トレをすることで快楽を得る。
筋トレをすると、ホルモンバランスが整い、気持ちよさを感じることができる。
運動をしたあとに、スッキリとした気分になったことを感じたことのある人はいるだろう。
特に、筋トレは無酸素運動なので、ストレスを感じにくい。

さらには、筋トレによって自分の体がかっこよくなることでも、快楽を感じる。
日々、鏡に映る自分の姿が変わっていくことで、喜びを感じるだろう。

オナ禁の継続、とどのつまりポルノの禁止に必要なのは、ポルノ以外の快楽である。
その快楽を得るためには、筋トレは有効である。

オナ禁と筋トレの相乗効果は絶大 テストステロンを上げて男の中の男になるオナ禁を始めると瞬く間に効果を実感できる。 これだけ努力に対して結果が出ることは世の中には少ないだろう。 誰もが受験勉強をしたか...

見た目がかっこよくなる

肉体の見た目を変える方法は以下の2つがある。

  • 脂肪を落とす
  • 筋肉を大きくする

脂肪が多いと、メリハリのない体になる。
分かりやすいのは腹筋だろう。
脂肪が多いと、どれだけ筋肉が大きくても、腹筋が割れている姿は見えない。
脂肪を落として、腹筋の割れ目が見えてくる。

筋肉を大きくするためには、筋トレは欠かせない。
筋トレをして、筋肉に刺激が入ることで、筋肉は大きくなる。

また、脂肪を落とすためには、食事管理と運動が有効になる。

ボディメイクをする上で欠かせない、脂肪の減少と筋肉の肥大。
どちらにも筋トレは効果を発揮する。

生活習慣が改善される

筋トレを始めると、筋トレの効果を最大化するためにはどうすればいいかを考える。

筋トレを効果を最大化する方法は以下の2つである。

  • 食事管理
  • 睡眠

食事管理と睡眠はボディメイクだけでなく、健康を維持する上で重要な要素である。
つまり、生活習慣を変えていく必要がある。

生活習慣が改善されると、筋トレの効果を最大化するだけには留まらない。

日中の体調が良くなったり、病気になりにくくなる。
なにより、心身ともに健康になる。

健康というのは幸せに生きる上で、絶対に欠かしてはならないものである。
健康であれば、女の子にモテるようになるし、元気に働くこともできる。

筋トレをきっかけに生活習慣を見直して、健康になれば、それまでの人生よりも幸せな人生を送ることができるだろう。

オナ禁中の食事 PFCバランスを考えるオナ禁をする時、オナ禁の効果を最大化する方法を考えるかもしれない。 食事もその1つである。 巷では「オナ禁の効果を高めるために、...

モテるために必要な筋トレ

筋トレのモチベーションの中で、一番多いのはモテだろう。
では、初心者はどこの筋肉を鍛えればいいのだろうか。

本記事では、逆三角形の体を作ることがモテに繋がると考えている。
そこで、逆三角形の肉体を手に入れるために必要な筋肉を紹介する。

筋トレの王道であるベンチプレスによって鍛えることができるのが胸筋である。
胸筋は目に付きやすい筋肉である。

特に、夏にシャツ一枚でも映える肉体を手に入れるには、胸筋の肥大は欠かせない。
たとえ、食事で座ったとしても、胸筋の存在感は女の子の目に常に入っている。
最も存在感を出す筋肉が胸筋である。

胸筋を鍛えるには、ベンチプレスが有効である。
ベンチプレスは胸筋だけでなく、腕の筋肉である上腕三頭筋や、肩の筋肉である三角筋も鍛えることができる。

肩の筋肉も見逃してはならない。
逆三角形の見た目を最も形作るのが肩の筋肉である三角筋である。

三角筋は、前、横、後ろの3つに分かれている。
特に、横の筋肉を鍛えることで、正面からの逆三角形をキレイに見せることができる。

三角筋の横を鍛えるには、サイドレイズが有効である。
この時、背中の筋肉である僧帽筋に効かないように注意する。
予め、僧帽筋を収縮したポジションでサイドレイズをすると、三角筋の横を刺激することができる。

背中

背中の筋肉は、肩からウエストにかけてのラインをキレイに見せるのに重要な筋肉である。

特に、広背筋を鍛えると、背中の広がりが出る。
正面からも、後ろからも広背筋の存在感は大きい。

広背筋を鍛えるには、懸垂が有効である。

体を反りながら上げると、広背筋の上部。
体をまっすぐにすると、広背筋の下部に刺激が入る。