テストステロン

テストステロンを増やすのに効果的な方法は【早寝早起き】だった!?

テストステロンを増やす方法のひとつとして、実は

早寝早起き

が効果的なのです。

筋トレや食生活など、
テストステロンを増やすことを意識している人はたくさんいますね。

ですが、
直接的な方法もいいのですが、テストステロンが高まりやすい身体の土台を作るのも重要です。

その土台作りの手助けになるのが、早寝早起きなのです。

今まで以上にテストステロンをさらに高めたいゼッ!

と考えている人は、
ぜひ実生活で早寝早起きを心がけてみましょう。

→【テストステロンの増やし方とそのメリットを詳しく紹介!

早寝早起きがテストステロンを高める理由とは?

なぜ早寝早起きがテストステロンを増やすのでしょうか?

それは、
早寝早起きが健康を維持するのに最適で、かつテストステロンの天敵であるストレスを軽減する効果があるからです。

朝に早く起きると、
昼過ぎまで寝ていた身体の状態に比べて体は軽く感じます。

朝というのは、
車も人もそこまで多くないので、当然ながら空気も酸素の多い状態と言えます。

その状態で深呼吸をしたりすれば気持ちよさを覚えて体は軽くなるでしょう。

また、
早起きすることで時間を捻出することができるので、自分のやりたいこと(運動、読書、情報のアウトプットなど)ができますよね。

自分の好きなことをする時間を確保すれば、
当然ながらストレスはどんどん軽減していき身体は健康になっていきます。

確かに、ストレスが無い生活を送っていると健康だなぁと実感できる時も多い気がするよな。

そして夜です。

仕事で遅くなるのは仕方ないにしても、
なるべく夜には早く寝ることを心がけることによって睡眠時間をより多く確保できますよね。

人間は、
大昔から朝に起きて、そして夜は速やかに寝るように脳や身体にプログラミングされています。

深夜まで仕事や作業をしていても、
眠かったりダラダラしたりしてしまい、作業効率はそこまで向上しませんよね?

また、
クラブなどで夜通し遊んだりお酒を飲んだりすると、次の日は身体はかなり疲れた状態になってしまいます。

身体が疲れていれば、
だんだんとストレスも溜まりやすい状態になるので、結果的にはテストステロンも増えにくい状態になってしまいます。

夜に早く寝れば、
その分次の日の朝も早く起きやすくなり、早寝早起きサイクルが維持できるようになります。

この好循環が、
テストステロンが増えやすい身体の状態、つまりは土台作りをしてくれるのです。

早寝早起きの習慣はメンタル維持にも効果がある

早寝早起きの習慣は、
ヒトのメンタルを前向きに維持する効果もあります。

他人に促されて早く起きたり、
夜には無理やり寝かされたりすると多少ストレスを感じますよね。

起きる時間も寝る時間も、自分の意志で決めていくのが理想だよな。

特に、
朝はヒトに起こされると「せっかく気持ちよく寝ていたのに!」とストレスを感じてしまいます。

一方で、
早寝早起きを自分の意思で習慣化したとしたらどうでしょうか。

朝は自分の意志でスッと起きる。

夜も、
自分で時間やお酒、食べ物をコントロールして早く寝る。

主体的に自分の生活をコントロールすることで、
メンタル的にも「自分の意志で人生を送っているぜっ!」と感じることができますよね。

そうした前向き なメンタルは、
ポジティブシンキングをもたらします。

ポジティブシンキングを持ちつつ日々を送れば、
当然ストレスに関しても溜まりにくい状態になれますよね。

早寝早起きを主体的に習慣化することで、
テストステロンの天敵であるストレスをやっつける効果が見込めるのです。

テストステロンを増やすには常にポジティブなメンタルを持つようにしよう!テストステロンを増やす方法として、 常にポジティブ、前向きなメンタルを持つことが重要です。 筋トレやその他の運動などでテストステ...

筋トレも食生活もやり過ぎは禁物

テストステロンを増やそうとして、
一生懸命に筋トレを頑張ったり、テストステロンにいいとされる食品をたくさん食べたりするのも一つの方法です。

ですが、
やはり何事もやりすぎは禁物。

筋トレを頑張りすぎれば、
疲労が抜けにくくなり、ケガをしやすい状態になる恐れがあります。

また、
テストステロンにいいとされる食品も過剰に摂取すれば、胃などの内臓に負担がかかってしまいますよね。

筋肉の元になるタンパク質も、
過剰に摂取すれば肝臓や腎臓に負担がかかりすぎてしまいます。

せっかくテストステロンを増やそうと頑張っても、
結果として健康を害してしまったらそれはもう本末転倒。

何事もやり過ぎはよくないんだぞ?

むしろ、
テストステロンの高まりを感じにくくなったら、それは身体がやり過ぎのサインを出していると捉えてみましょう。

疲労やストレスを感じたら、
まずは規則正しい生活と睡眠時間の確保が重要となります。

規則正しい生活や睡眠時間の確保の方法といえば、
やはり早寝早起きを日常的に習慣化するのが一番いいでしょう。

テストステロンは特に男性にとって必要なホルモンですが、
そのホルモンを増やすためのやりすぎとも言える方法論は逆に効果を半減させてします恐れがあるのです。

→【テストステロンを増やすのに効果がある食べ物はステーキ?

健康維持こそテストステロンが高まりやすい身体の土台作り

テストステロンを増やすには、
まずはテストステロンがいつでも高まりやすい身体を作ることが不可欠。

結局、
テストステロンが増える状態とは、身体が健康な状態であることです。

身体が健康ならどんなトレーニングでもすぐに始められるし、どんな食べ物でも美味しく食べられるからな。

テストステロンを増やす意識を抜きにして、
まずは身体がストレスフリーで健康な状態でいることが人間にとっては重要。

テストステロンに限らず、
身体の成長や健康維持に必要なホルモンというのは、不健康では十分に分泌されませんよね。

朝日が昇ると同時に早起きし、
夜が遅くなる前には早めに寝る。

この早寝早起きの習慣化こそが、
テストステロンが増えやすい状態を作る土台となります。

テストステロンを増やすには、まずは健康維持を心がける。

その上で、
筋トレなどの具体的なテストステロンを増やす方法を実践すればいいのです。

「もっとテストステロンを増やさなきゃ!」

と焦ること無く、
まずは早寝早起きを心がけて健康な状態を維持することから意識してみましょうね。

※ ※ ※

テストストロンガーでテストステロンUP!
男らしさを手に入れましょう!

テストステロンガー

※男性度MAX!男性用モテサプリ※
今なら初回限定980円で購入可!
購入回数縛りなし!即時解約可!

テストストロンガー公式サイトへ

※ ※ ※

テストステロンガーで男性度MAXにしてモテる!
テストステロンの増やし方やメリットを理解して男らしくモテよう! こう悩んでいる男性は多いですよね。 男性がモテるようになる方法の一つとして、 テストステロンを増やせば女性にモテるという...