テストステロン

懸垂でガンガンにトレーニングすればテストステロンは増えるんです!

モテホルモンと呼ばれるテストステロン。

この夢のようなホルモンを増やすには、
懸垂トレーニングが効果的です。

バーを力強く握りしめ、
自分の体重を広背筋、前腕、肩を中心とした筋肉で持ち上げる。

これが懸垂です。

テストステロンを増やすには筋トレが効果的ですが、
その中でも懸垂トレーニングはかなり効果が期待できる種目。

テストステロンが不足しているからモテないのかなぁ・・・

と感じている人は、
まずは懸垂トレーニングから始めてみてはどうでしょうか?

なぜ懸垂トレーニングでテストステロンが増えるのか?

なぜ数ある筋トレ種目の中で、
懸垂トレーニングをするとテストステロンが増えるのか?

その理由は以下の2つ。

  • 大きな筋肉(広背筋)を鍛えるのでテストステロンが増える
  • 懸垂ができる男性が少ないので自己肯定感を感じる

これらの理由から、
懸垂トレーニングはテストステロンを増やすのに効果があると言えるのです。

大きな筋肉(広背筋)を鍛えるのでテストステロンが増える

テストステロンというのは、
筋肉を刺激し筋肉量を増やすことによって増えていきます。

それには、
なるべく大きな筋肉を増やしたほうがテストステロンは増えやすくなります。

大きな筋肉といえば、
筋トレBIG3と呼ばれるトレーニングで鍛えられる筋肉です。

  • 大胸筋(胸の筋肉)
  • 広背筋(背中の筋肉)
  • 大腿筋(太ももの筋肉)

これらの筋肉を刺激し鍛えると、
身体が大きくなったり筋肉質な身体になると言われています。

懸垂トレーニングをすることで、
広背筋が鍛えられる他、前腕や肩、意識の仕方によっては腹筋や体幹も鍛えられます。

上半身のほぼ全体が懸垂によって鍛えられるということですね。

身体のいろいろな部分が鍛えられれば、
それだけ筋肉量が増えてテストステロンの量も増えるというわけなんです。

懸垂ができる男性が少ないので自己肯定感を感じる

現代人は、
懸垂トレーニングで鍛えられる広背筋を使う場面があまり多くありません。

ものを持ち上げたりする時も、
基本的には腕や肩、腹筋を使うのが一般的です。

なので、
よほど筋トレをしている人で無い限り、広背筋や前腕を使ったり鍛えたりする男性はほとんどいないのです。

そんな中で懸垂トレーニングができるようになると、

「おれは大多数の男達ができない懸垂ができる人間なんだ!」

と自信がつくようになります。

実際に懸垂をやってみるとわかりますが、
自分の体重を広背筋と腕の筋力で持ち上げるのはかなりのハードモードです。

これを1セット8~10回、コンスタントにやるには相当な筋力がないと出来ません。

なので、
懸垂トレーニングができるようになると、それだけで自信がみなぎってきます。

ストレスもどんどん無くなっていきます。

日頃の嫌なことや悩みも、
すべて懸垂バーにぶつけることで心が無心となりスッキリします。

当然、
身体はどんどんたくましくなっていきます。

筋肉量が増えるので、
脂肪は燃焼し、顔つきもかなり精悍になっていきます。

関連記事:
→【テストステロンで顔つきが変わってモテる?

こうして変わっていく自分の姿を見ることで、
さらに心身ともに刺激されてテストステロンが増える、というわけです。

懸垂トレーニングをする際のコツは?

懸垂トレーニングはハードなので、
はじめのうちは満足にできなかったり、目標回数に到達しなかったりします。

まあ、
この辺は割り切って中・長期スパンで回数がこなせるようになれればいいや、くらいの思考でいいでしょう。

懸垂トレーニングは、
主に広背筋と腕の筋肉がポイントとなりますが、それ以外のコツと言えば前腕です。

肘から手首にかけての筋肉を意識して懸垂をすると、
より多くの筋肉を使うことが出来て懸垂ができるようになります。

私が懸垂トレーニングをする時に意識するのは小指です。

懸垂バーを握った時に、
多くの人は親指、人差し指、中指をメインとして自分を持ち上げようとします。

ですが、
これだと前腕の筋肉を十分に使い切れないのです。

そこで、
懸垂トレーニングをする際は小指で懸垂バーを握るイメージを持つといいでしょう。

小指を意識すると、
普段あまり使わない前腕の内側の筋肉を使うことが出来、パワーアップします。

懸垂がなかなか出来ない!という人は、
もしかしたら小指を意識すると出来るようになるかもしれませんよ。

手がすべらないように工夫した方が懸垂トレーニングは捗る

懸垂トレーニングをする時、
どうしても気になってしまうのが手元の汗。

握力があまりない人は、
手汗によって十分に懸垂バーをグリップできずに自分の身体を持ち上げる前に下に落ちてしまいがち。

そんな時は、
トレーニング用のグローブを使うのが良いでしょう。

→【パワーグリップ PRO トレーニング グローブ 筋トレ 懸垂 グローブ 握力をサポート 握力補助 ケガ予防 滑り止め 男女兼用 左右セット

トレーニンググローブは、
懸垂のみならずバーベルやダンベルを持つ際のグリップの滑りを防止してくれます。

懸垂以外にも他のトレーニングにも利用できるので、
特に筋トレ初心者や懸垂初心者は積極的にグローブを使うといいですね。

まとめ

懸垂トレーニングができるようになると、
どんどん体つきが変わっていくので筋トレ自体が楽しくなってきます。

最初は懸垂だけでもいいですが、
やがて懸垂効果でベンチプレスやプルダウンなどの他の筋トレ種目もできるようになってきます。

すると、
さらに筋肉量が増えていい体になり、テストステロンもガンガン増えていきます。

結果的には、
モテホルモンであるテストステロンによって女性からもモテるようになります。

テストステロンを増やすには、
迷ったら懸垂、どんなときも懸垂、ひたすら懸垂をしておきましょうね。

※ ※ ※

テストストロンガーでテストステロンUP!
男らしさを手に入れましょう!

テストステロンガー

※男性度MAX!男性用モテサプリ※
今なら初回限定980円で購入可!
購入回数縛りなし!即時解約可!

テストストロンガー公式サイトへ

※ ※ ※