カテゴリー
テストステロン

テストステロンはハゲの原因となる?モテる男になるための薄毛対策!

ハゲや薄毛の原因はテストステロンにあることをご存知でしょうか?

別名モテホルモンと言われるテストステロンは、
そのイメージからも「増やせば増やすほど髪の毛も強くなるんじゃない?」と思ってしまいますよね?

ですが、
残念ながらそれは間違ったイメージです。

ハゲや薄毛の原因は、
テストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びつくことによって発生するジヒドロテストステロンと言われています。

「モテるにはテストステロンを増やせ!」と言われて、
筋トレや十分な睡眠、メンタルをポジティブにしたりしてテストステロンを増やした結果、ハゲや薄毛になって女性からモテなくなってしまったら本末転倒です。

モテるためには女性を魅了するテストステロンを増やしつつも、
ハゲや薄毛の予防を同時にしておいたほうがいいでしょう。

要は、
ハゲや薄毛の原因と言われるジヒドロテストステロンをなるべく発生させないようにすればいいのです。

その方法について詳しく解説していきましょう。

関連リンク▼▼▼
→【テストステロンの増やし方とそのメリットとは?

ハゲや薄毛の原因はジヒドロテストステロン

男がモテるには、
なるべくならハゲや薄毛にはならない方がいいでしょう。

ハゲや薄毛の原因と言われているのが、
テストステロンと5αリダクターゼという酵素が合わさって生成されるジヒドロテストステロン。

このジヒドロテストステロンが、
脱毛因子を活性化させてしまうことによって毛母細胞が細胞分裂するときに起きるタンパクの合成を阻害してしまいます。

タンパク質は、
人間の筋肉や細胞、毛髪のもとになる大事な栄養素。

ジヒドロテストステロンによって、
髪の毛に必要なタンパク質が頭皮で活躍できなくなってしまい、ハゲや薄毛になってしまうというのです。

この厄介なジヒドロテストステロンを抑えることが、
モテの天敵と言っても過言ではないハゲや薄毛の予防になるのです。

あわせて読みたい▼▼▼
→【テストステロンを増やすにはポジティブ思考?

ジヒドロテストステロンを抑えるには?

では、
ハゲや薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを抑えるにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、

・汗をたくさん出すこと

・ストレスを溜めないこと

・規則正しい生活を送ること

の3つが効果的と言われています。

ストレスは万病の元と言われるほど、
メンタルの状態が良好でなければそのままハゲや薄毛になってしまいます。

また、
暴飲暴食や不規則な生活を送ると身体のリズムが崩れてハゲや薄毛になってしまう恐れがあります。

まずはストレスを溜めない、規則正しい生活を送ることを意識すれば、
結果的にジヒドロテストステロンの発生を抑えることとなりハゲや薄毛の対策になります。

これらはなんとなくハゲや薄毛の対策としてイメージしやすいでしょう。

これらに加えて、
ジヒドロテストステロンを抑えるには汗をたくさん出すのが効果的と言われています。

ジヒドロテストステロンは尿によって排泄されますが、
汗にもジヒドロテストステロンは含まれるので、汗をかくことでジヒドロテストステロンを減らすことができるのです。

関連リンク▼▼▼
→【ジヒドロテストステロンは汗で排泄できる?

ハゲや薄毛を防ぐには遺伝子検査が効果的?

ハゲや薄毛は遺伝の影響を受けるとも言われます。

自分の親族(親や祖父母など)にハゲや薄毛の人がいると、
自分も同じようにハゲや薄毛になる可能性があるということですね。

よく、
「ハゲや薄毛は隔世遺伝だ」なんて声を聞きますが、少なくとも近親者にハゲや薄毛の人がいれば少なからずその遺伝子は持っていることになるでしょう。

今は、
遺伝子検査の技術が発展しており、自分の遺伝子の特徴を把握することが可能な時代になりつつあります。

ハゲや薄毛に関しても、
遺伝子検査をした上で自分にあった育毛剤をハゲや薄毛の予防として活用するものひとつの賢い選択です。

こちらは、
遺伝子検査を実施しその結果を元にその人に合った育毛剤を提供してくれるサービスです。

→【遺伝子検査付き 育毛剤【Persona(ペルソナ)】

いままでドラッグストアなどで手当り次第に育毛剤を試していた人や、
高価な育毛剤を使ったりエステに行って相談したりしてもなかなかハゲや薄毛の予防ができなかった人は、もしかしたら遺伝子検査をすれば突破口が見つかるかもしれません。

繰り返しますが、
ハゲや薄毛はそれを凌駕するほどの魅力を持っていない限り、モテ度を下げる要因となります。

ハゲや薄毛の予防対策は、
若いうち、早ければ早い方がいいでしょう。

歳をとっても、
テストステロンをガンガンに出しつつフサフサの髪の毛で女性と楽しんでいる男性はたくさんいます。

どの男性も、
十分な髪の毛を維持しつつモテる人生を送る権利と可能性は残されています。

ハゲや薄毛を恐れて、
テストステロンを増やさないようにしてしまうと、結果的にモテる可能性は低くなります。

テストステロンを維持しつつ、
5αリダクターゼとの結合を阻みジヒドロテストステロンが発生しないようにするのがハゲや薄毛の予防となるのです。

とはいってもやはりモテるためにはテストステロンは必要

テストステロンはハゲや薄毛の原因になることは理解してもらえたと思います。

しかし、
「ハゲや薄毛になっちゃうからテストステロンを増やさないようにしよう」となってしまうと、女性からモテる可能性も減ります。

・男らしさ
・力強さ
・たくましさ
・グイグイ引っ張ってくれるリーダーシップ
・何事にも挑戦するチャレンジ精神
・ポジティブ思考

これらが備わっている男性に女性は惹かれます。

極端な話、
少しくらいハゲや薄毛が進行しても、上記の要素が備わっている男性ならば女性は喜んで好意を示します。

木を見て森を見ずという言葉がありますが、
ハゲや薄毛にとらわれすぎて、本来女性が好きなテストステロン要素を少なくしていくのは本末転倒。

ハゲや薄毛のためにテストステロンを増やさないようにするのと、
モテるためにテストステロンを増やすことは混合せずに別物として考えた方がいいのです。

ジヒドロテストステロンを抑制する項目と、
テストステロンを増やす項目を両輪で行っていくのがモテへの近道となるのです。